横を見ている女性

回復

歴史について

元々ブルーベリーはネイティブアメリカンの間で食されていた食べ物であり、記録に残っているものでは16年代にはその存在が知られています。知られるようになったきっかけは、ネイティブアメリカンの人々から当時アメリカ大陸に渡ったヨーロッパの人々が分けてもらったのがきっかけであると言われています。
日本で普及してきたのはそれよりかなり後の1951年に北海道の農場試験場がアメリカから導入したのが始まりとされています。既にその当時には目に良いという事が一部で言われてはいましたが、その当時はまだ科学的に解明されていたわけでは無いです。
本格的に調べられるようになったのはその後の話であり、ヨーロッパで本格的に臨床実験で確認されたのは196年代であると言われています。
その後は、日本でも徐々に栽培面積が増えていき、199年代に入るとそれまでの研究の成果が実を結び、現代の我々が口にする甘くて美味しいブルーベリーが一般的に普及するようになりました。
アントシアニンの目に良いという話が日本でも一般的に知られるようになったのもこの頃であり、健康志向の高まりからも需要が高まって、今では全国で栽培されるようになっています。

効率的な摂取方法

では、多くの嬉しい効能が期待できるブルーベリーを効率的に摂取するには、どの様な方法が考えられるでしょうか。手軽に多くの栄養分を摂取するには、サプリを飲むという方法があります。
ここからは、サプリを飲む上でのより効率的なタイミングや飲み方を説明します。まずタイミングですが、アントシアニンは摂取後約4時間程度で効果が出ます。また、持続性はあまりなく24時間程度で消失します。
ですので、例えば目を使う時間帯が分かっている場合は、これらの時間を考慮して摂取するとよいでしょう。また、食後3分程度経過したころに摂取するとよいとされています。理由は、アントシアニンはタンパク質と結合すると吸収されにくくなるという特徴があるからです。
空腹な状態で摂取すると腸を傷める可能性がありますので、やはり食後に少し時間を置いてからが理想です。そして、より効能的な飲み方についてですが、ビタミンCを一緒に摂取すると、より抗酸化作用の期待ができます。
ビタミンCを摂取することで、傷ついたビタミンCを修復することができ、活性酸素の除去作用が期待できるのです。ビタミンCのみを摂取する場合の5倍の効果が期待できるとも言われています。
最後に、ここまで紹介した飲み方を行う事でより高い効率を求めることも大切ですが、それ以上に大切なことは、継続するという事です。毎日の継続により、高いアントシアニンの効果が期待できます。